Main | September 2004 »

August 2004

August 30, 2004

夏の宴

鶴林寺たそがれコンサートに行ってきた。
今回の目当ては、「大西ユカリと新世界」。
台風が心配だったけど、なんとか天気は持ちこたえたので、
最後には国宝の本堂の上からお月様が覗いて、すごくキレイだった。

実は、今週8/25(水)の「トリビアの泉」で
「ウインクをしている仏像がある」のネタで、この鶴林寺が紹介されて
いたらしい。
ちょうど、「トリビアの泉」を見逃していたので、住職さんがテレビに
出ているのが見れなかった・・・。
ここのお寺の住職さんが、意外にも笑いの分かる方なのね~。
ノリがいいというか。 決して軽い感じではなく、ちゃんとツボを
押さえた笑いを知ってる感じ。

神戸出身のアコースティックギターデュオの「DEPAPEPE(デパペペ)」は
ものすごくカッコよかった。地元のラジオで聴いたことがあったけど、
生で聴くとまた違って、ちょっと鳥肌立ったかも。


やっぱりメインの大西ユカリは、ちょっとホロ酔い加減のお客さんにも、
絶対負けへんし。
大阪のオバチャンっぽいけど、そうでもなく、なんだろ・・・
ビシッと言ってくれるお姉さんみたいなところかな?

Dsc00372.jpg

木村充揮と一緒にアンコールで歌った時は、
すっごくよかったなぁ~

August 28, 2004

久々のヘベレケ会

最近みーんな何かと忙しくて集まる機会が作れなかった、ヘベレケ会。
前回は・・・いつだっけ? 春頃だっけかな?
「急だけど、今週金曜日にヘベレケ会するからね♪」と今週初めに
メールが来て、久々だし“夏も終わりだし、飲むぞぉ~”とワクワク
しながら参加してきた。

仕事の都合で少々5分程遅れたものの、ちょうどドリンクを頼んでたところ
だったので滑り込みセーフ。
もちろん、ヘベレケの人達はソフトドリンクなんて飲みませんよー。
もともと日本酒好きの人が作った会だしね。

「乾杯~」で生ビールをグビグビ~。
駅からお店まで走ってきたせいもあって、ノドが乾いていたから
ホントにビールが美味しかった。

「で、突然ですが発表~。」と、今回の幹事のヨシミさんが!
“何?何?”と思ってたら、ツルリンさんが
「えぇー、・・・・結婚することになりましてぇー」

もの凄い電撃結婚なのでビックリ。
ホントかウソかよく分からない話をいつもするので、最初は
「何を言ってんの!?」みたいに思ってたんだけど、なんかコレはウソっぽく
なさげな感じ。
もう、それからはフィアンセの“なおりん♪”のことで質問攻め。
「なおりんの似顔絵描いて~」と、ちゃっかり幹事がマジックと紙を
用意してたのが可笑しかった。
しかも、「画用紙なかったんで、職場に山ほどある白紙の表彰状に
描いて。描いたあとは、木目調の額に入れて新居に飾るし」と、幹事が。
そして、出来た似顔絵が、まるでシンプソンズに出てきそうなキャラやし。

いやぁ、今回のヘベレケ会ほど笑った飲み会はなかったなー。

taruzake.jpg

↑ツルリンさんの二次会用に準備しとかなきゃ

August 24, 2004

名水発見

京都の中京区から、美山町へR162を通って行こうと思ってたら、
気がつくとナビが示す通りに走ってて、「なんだ?この道?」ってことに。
道は狭いし、クネクネ曲がるし、いつの間にか峠を攻めてた。

しばらくしたら、峠のお茶屋さんが見えて、その先には
「京見峠」の案内が。
名前の如く、京都市内が見渡せる場所でした。
思わぬ絶景ポイントが見れて、ちょっと得した気分。

そのまま峠を下っていくと、ペットボトルを山ほど持ってきて
水を汲んでる人を発見。
車から降りて、ワタシも小さいペットボトルを持って汲んでみることに。

「美味しいんですか?」と訊ねると、
「ご飯やコーヒーをこの水で沸かすと、ホントに美味しいよ」と
教えてくれました。
一口、手ですくって飲んでみたら・・・「まろやか~」な味。
で、その後に「あま~い」感じ。
山の湧き水らしいけど、臭くもないし、これぞ名水なのかな?

Dsc00356.jpg

あとで「京都の名水」で調べてみたけれど、あまり紹介されていないので、
意外と穴場なのかもしれない。

明日、もらってきたお水(結局その人から2Lのペットボトルをもらっちゃった)で
職場でコーヒー沸かして、味を確認してみよっと。

August 21, 2004

眠すぎ~

夜中にアテネオリンピック見すぎで、“プチ時差ボケ”状態。
大好きな高校野球も、そっちのけー。
今日が準決勝なのか決勝なのかもわかんないし。

そう言えば、イギリスかどっかで「日本の金メダル獲得数は7個」と
予想されてたらしいけど、今日の時点でもう12個だもんねー。
やるやん、ニッポン。

「オリンピックの金銭的見方」という番組のコーナーがあって、
これがかなり面白かった。
例えば柔道の場合・・・
 ・畳一枚 3万6千円(計189枚敷くので、占めて680万4千円!)
 ・柔道着 2万4千円~2万8千円(青色になると、千円UP!)
 ・柔道の審判の日当 5千円

次に体操の場合・・・
 ・床       630万円(一式)
 ・ロイター板   10万円
 ・跳馬      69万円
 ・平行棒     67万円
 ・鞍馬      39万円
 ・吊り輪     45万円(セット)
 ・平均台     32万円
 ・段違い平行棒  48万円
 ・鉄棒      22万円


知らないところでいろんなお金が動いているんですねぇ~

ところで、柔道着って青と白のリバーシブルなの?
 

August 18, 2004

おいしかった♪

8/15はおばあちゃんの誕生日。
今年で94歳になった。

おばあちゃんは、元気だった頃は豆腐も作り、畑仕事もし、
毎朝3時に起きて新聞販売所の仕事もしていた。
今は、ケガをしてしまってからは車椅子がないと
歩くのがつらくなってしまった。

おばあちゃんの家のお風呂は、昔は五右衛門風呂で、
なぜか入り口が、一度勝手口から外に出ないと
風呂場に入れない仕組みになってた。
その理由を母に聞くと、
「昔はお風呂がないお家が多かったから、誰でも気兼ねなく
お風呂に入ってもらえるように、わざと外に入り口を作った
んだよ」と話してくれた。
そんなおばあちゃんが、大好き。

今年は、おばあちゃんの誕生日のお祝いに、
ケーキを焼いた。
ケーキの材料をそろえる時間が無かったので、
シンプルなベイクドチーズケーキになってしまったけれど。

Dsc00340.jpg

なかなかのお味でしたよん。

August 17, 2004

もう一度、会いたい

お盆休みに、母の実家がある広島の大崎上島へ帰省していた。

帰る当日、父方の祖父の従弟になる長谷川のオジサンに
会いに行った。
長谷川のオバサンが、「帰りのフェリーに乗る前に、家に寄ってって。
スイカをあげるから・・・」と電話をくれていたから。
その時に父が「長谷川のオジサンはおじいちゃんの従弟で、
おじいちゃんにソックリなんやで。」と話した一言で、
長谷川のオジサンにどうしても会いたくなってしまった。

初めて会った瞬間、「おじいちゃんだ・・・」と思った。
以前病気をしたらしいので、ベッドから座ったままお話をしたけれど、
話し方や、うなずき方や、声も、顔の雰囲気も、肩幅の広いとこも
全部似てた。
すごく、嬉しかった。

「“アンタが@kiちゃんのおじいちゃんに似てるんよー”って言うたら、
会いたいって言うて来てくれたんよぉ」と、オバサンが言ったら、
「ほぉ。そうかそうか。」と、顔の前で両手を合わせて喜んでくれた。
その仕草は、おじいちゃんが入院している時によくしていたので、
まるでそこにおじいちゃんが居るようで、ちょっとウルッときた。

「ワシも、もうすぐ栄宗さん(ウチのおじいちゃんの名前)のトコへ
行くけんのぉ。」と、ニコニコとしながら言うので、
「ダメダメェー。オジサンはもっと元気でおってよー」とワタシが
言った。もっともっと、ワタシが知らないおじいちゃんの話を
オジサンから聞きたいから。


おじいちゃん、体操でニッポンが金メダル取ったよ。

August 10, 2004

あるアンケート

「“ハゲ”と言われるのをどう思いますか?」
という、アンケートを見た。

嫌な気分になる:85%
特に気にならない:12%
その他:3%


「特に気にならない」人って、すごく心の広い人だよねえ。
ワタシだったら、「ハゲッ!」って叫ぶ小学生がいたら、
「・・・ちょっとこっち来い!」って、半日説教するけど。


で、「嫌な気分になる」と答えた人に、
「どう呼ばれるのがいいですか?」という質問があった。

・「薄頭」
・「薄毛」
・「ツルピカ」 などなど。


みんな、ムリしなくていいよって、ちょっぴり思った今日の午後。

August 09, 2004

きっかけ

「愛してるよー」

文字にしたらたったの5文字なのに、
心の奥にズシズシっと重くのしかかる。


本当に心の底から「愛してるよー」と言ったんだろうか?
それとも、とりあえず、なんとなく、「愛してるよー」と
言ってみただけなんだろうか?


知りたいけど、知りたくない。

(3:35 02/01/27)

August 08, 2004

ひとり時間

ワタシは元々寂しがり
でも、ひとりでボーっとするのが本当は大好き


たまたま「あ、キレイだな」って思うモノを見たときに、
「ああ、コレ見せたかったなぁ」っていっつも思う
「一緒にいたら、分かち合えたのになぁ」って・・・

その時一緒にいなくても、その話をするのを忘れてても
ひとりの時に「見せたかったなぁ」って思っただけで
ふたりの関係はどこかでちゃんと繋がってるのかも

ワタシのひとり時間は、決してワタシだけの時間じゃない
ような気がする

mixed nuts☆

久々に(!?)、朝帰り♪

日付はとっくにAugust 08. 2004だけど、
気分はまだまだAugust 07. 2004のまま

今夜は向かいに住んでる男の子がやってるJazzバンド、
ピスタチオ55』のライブに行ってきました
“結成1周年記念”ということで、8組も出演バンドが出ていて
もう、お腹いっぱい~
ジャズ・ファンク・ブルース・ボサノバ・ゴスペル・ポップスなどなど
ホントに盛り沢山で、ほーんとmixed nuts☆


実はお向かいさんの男の子は、ワタシの妹と幼なじみで
ワタシよりも6つ歳が下なの
日曜日の休みになると、“ぷぅ~♪”とトランペットの音が聴こえて
きたりしてたなぁ
その頃は、お世辞にも上手いとは言えなくて(笑)、たま~に音が
外れたりするので、ついつい聞いてたらこっちが“ガクッ”と
なったり・・・

でも、やっぱり15年以上も続けてるとホントに上手くなるんだね
ありきたりだけど、感動しちゃったよ
しかも、ギタリストはワタシの高校時代の1つ上の先輩だし!
それにもっとビックリなのが、そのライブハウスで音信不通になってた
友達と再会したこと

いやー、すっかりアフロヘアーが板についてカッコよかったよー♪
ワタシも校長先生が許してくれるなら、スパイラルにしたいよー

+++おまけ+++
『SHIN』の限定CD買っちゃった

August 06, 2004

どんな夏?

ゆらりゆらりと夜風にのって、夜空に響き渡る。

ドーン、ドーン・・・ドーン・・・・・、バリバリバリ。

深く深く。そして低く。
空を叩く音が聞こえてきませんか?

ワタシはこの音を聴くと、「夏だなぁ」と思います。

赤や黄色や青のまーるい玉が、黒く大きいスクリーンいっぱいに
広がる“アレ”です。

-----

夏といえば最近“蚊取り線香”のCM見かけなくなったなぁ。
  
    『金鳥の夏 日本の夏』

このCMを考えた人は偉い!!
花火の音を背景に、縁側に腰掛けた浴衣姿の女性が、
蚊取り線香の傍らで夏夜を涼んでいる。
やんわり立ち昇っていく、か細い煙はどこまでもゆるやかで、
蒸し暑い夏を涼しげな夏の印象へと変えているんです。
酷暑といわれる日々が続いている今、縁側で夏夜を楽しむ余裕が
ないからこそ、せめてCMだけでも風流な夏を感じたいなぁ。

そんな事を考えながらも、汗をかいて喉を勢いよく鳴らして飲む
缶ビールの清々しいCMに、「夏はえぇなぁ」と心奪われたりしている
自分もいるんです。

皆さんは何に夏を感じますか?

August 05, 2004

7倍

「石川三十五衛門」 って知ってる?
劇団「笑の大学」の劇作家・椿一が書き下ろした
「石川五右衛門」のパロディー版。
ここに登場する三十五衛門は五右衛門の7倍も手強いんだって。


7倍って・・・、また中途半端な。(笑)
残鉄剣の斬れ味も、やっぱし7倍なのかねぇ。


「野口三十五郎」が存在したら、
「野口五郎」よりも何が7倍どうなんだろう・・・。

August 04, 2004

すごく気になる

軽トラのドアの部分に、「自家用」と書かれているのを
たま~に見かけたりする。

が、今日生まれて初めて「自家用」ではない車を見た!


それは・・・


「曲芸用」


     0  
    ノ[]ヽ 
     ノ)  
  = = ○   >> ゴロンゴロン


つまり、玉転がし用の為の車なのかなぁと、思いながら
家に帰った。

August 03, 2004

~1980.12.8

ジョン・レノンの手形に自分の右手をドキドキしながら重ねてみた。


ジョンの手は、ワタシよりも遥かに大きかった。
中指なんて2センチも長かったんじゃないかな。

こんな大きな手で、あんなカッコイイ曲を、どんな思いで弾いてたんだろう?

ジョンは埋葬されずに、火葬された。
ジョンの灰は、永遠に秘密とされる場所に移された。


その場所とは、遺族とごく僅かの知人のみが知る場所。


August 02, 2004

賞味期限・・・なし。

先日の結婚パーティーで、4~5年振りに短大の友達と再会。
新婦とは、ちょくちょく連絡とっていたけれど、他のみんなとは
ちょっとばかし疎遠になりかけれたので、久々に会えて凄く楽しかった。

みんなキレイになって随分変わってたのに、喋ると学生当時そのまんま。
話し方のクセや、笑いかた、ボケかた、ツッコミかたetc.全てが昔のまんま
だったので、思わず嬉しくて涙が出そうになったり。
前回会ってから今日までの空白の時間を、お互い必死で埋めるように
近況報告話に花が咲きました。 

っつうか、咲き過ぎ。


今日会った友達の中で、未婚者は残すところあと二人。

「どうぞお先に♪」
「いやいや、ワタシに遠慮することなくっ♪」

学生時代の予想通りの展開に、笑うことしかないワタシ。


でもさ、残りモノには福が有るって言うじゃん。
って、ワタシ残りモノ? 残り者? 残り物? 物・・・!?。(T_T)

いいもん、今すごくhappyだもん。

August 01, 2004

なんとなく

女は、唯一の男に自分の色々な欲求を満たしてほしいと願う
男は、色々な女に自分の唯一の欲求を満たしてほしいと願う

・・・これって、誰が言ったか知らないけれど
なんとなく当たってる気がしないでもない

Main | September 2004 »

August 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

いこぴこの本棚