« December 2004 | Main | February 2005 »

January 2005

January 26, 2005

寒いのなんて飛んでゆけ!

あれは4年前の2月。
初めて札幌の雪祭りに友達4人と一緒に行った時のこと。
家から伊丹空港まで車で行き、もうすでに車内からずーっと
しゃべりっぱなし。
もちろん、伊丹~千歳の飛行機の中までも4人がひたすら
しゃべり続ける。
機内でワインなんかもらっちゃったもんだから、もうご機嫌。
もちろん、機内の人には迷惑はかけない程度の声の大きさで♪


さ、札幌大通公園に到着。
ローソンで足裏用カイロを買い、防寒対策はバッチシ。
見た目も、やたら着膨れ集団4人組。
マフラーに、帽子に、コートの下にもまだセーター2枚着てた。
とにかく北の大地に来たのが4人とも初めてなもんだから、
どれくらい寒いもんなのか分かってなかった。
とりあえず、無いよりはマシという感覚。 

「やっぱり、北海道に来たからにはガイドブックなんかも
 買わなきゃねー」と、北海道ウォーカーを片手に雪像の間を
ザックザックと歩いていった。
「最初にどこでお昼ご飯食べるか!?」ということで、
北海道ウォーカーの“美味しいラーメン屋特集”のページを
必死で見てたワタシ。

ほとんど、雪像見てないし。


と、そのとき、ワタシの視界から北海道ウォーカーが消えた。
そして、後頭部に激痛が!!


きれいに、ツルッと足を滑らせてこけてしまった。
人間って、キレイに90度に回転するもんなのね~。
しかし、持っていた北海道ウォーカーが無い!

「あのぉ、落としましたよぉ。( ̄ー ̄)ノ」と後ろのオバさんが
ニヤリと笑いながら北海道ウォーカーを渡してくれた。

あのねぇ、こけたのが恥ずかしいというよりね、本をブッ飛ばしたのが
もうホントに可笑しくて可笑しくて、しばらく笑いがとまらないまま
大通り公園を歩いてました。


というわけで、寒いハズの北海道で寒さを吹き飛ばすどころか、
本をブッ飛ばし、全く寒さも感じないまま大阪に帰っていった
ワタシなのでした。

January 20, 2005

みそひともじ

「現代学生百人一首」を毎年東洋大学が募集している。
今年で18回目らしい。

んー、ワタシが学生だった頃もやっていたんだ・・・。

募集している短歌のテーマは「現代学生のものの見方・生活感覚」。

ワタシが高校生だった頃と今の高校生も悩んでいるコトは、
そう変わらないんだなぁ。
恋愛だったり、卒業後の進路だったり・・・。

ただ、ネットだとかメールだとか、身の回りの状況や“道具”が
変化してきているだけなんだね。
ワタシの高校時代なんて、携帯電話なんて存在しなかったもん。
今の学生って、好きな子の自宅の電話に
「お父さんが出ませんよーに!」ってドキドキしながらダイヤルすること
ないんだろうなぁ。

昔と今とどちらの時代ががイイのかはわからないが、
三十一文字(みそひともじ)に込められているそれぞれの
作者の思いがとても新鮮に感じ、胸に響き、そしてホロリと涙した。

January 19, 2005

足し算しよう!

足し算しよう!にの

11問目で、数字を押し間違えてあたふたしている間に時間切れ。
そこで、終了~。
ゲームセーーーット!

ちっ。

毎日パソコンに向かってるワタシにとって、
ちょっと休憩~♪って時にすると、気分転換に
もってこいのゲーム。
自分の職場のパソコンのテンキーが使えるってのも
便利だし。


・・・職場で遊んでる場合じゃないんだけども。

January 18, 2005

古田だぁ~

・・・と思わず呼び捨てにしてしまってゴメンなさい。
古田さんのブログ見つけて、かなりご機嫌なワタシ。

ドラフトで入団決まった時の「のび太クン眼鏡」をかけている
映像を見て、古田さん本人が、必死で
「アレは、当時流行ってた眼鏡なんですっ!」と言ってるのが
とってもお茶目で大好き。
お正月の特番で、ドジャースの石井投手と
「オレは引退したら、千葉の九十九里までサーフィンしに
行くのが夢なんや。キムタクと一緒に波に乗る!」
と、熱く語る古田さん。

どこまで本気なんだかわかんない。
賢いけど、バカな話が出来る。

まさにワタシの理想のタイプとです・・・。

そりゃそうだ

「遠距離恋愛は好きなだけじゃダメなんです。
 会っていないときに相手のことだけじゃなく
 どれだけ二人のことを考えられるかなんです。」


はぁ、深いねぇ~。

January 11, 2005

ワタシに恨みでもあるのか・・・

手相を見るのが“スキ”だというラーメン屋のマスターに
昨日見てもらった。
手相なんて今のワタシにはどうでもいいんだけど、たまたま
バイト先の店に来ていたから試しに左手を出してみただけ。

そしたら、一言


「アンタは、苦労するで」


理由は、感情の起伏の波が相手も同じように浮き沈みする
タイプだからだと。
でも、いきなりそんなコト言うか~?

ま、これだけならいいのよ。別に。
「あー、そうですか」って軽く返事するだけだし。

別にこっちから聞いてないのに、
「アンタは今“適齢期”やけどホンマにその人でええんか?
 もいっぺん、よー考えてみ。」とか言って、しまいには
「エッチはどうなんや?」とか言い出しやがって、ホンマに
めっちゃ気分悪いし。
「そんな他人の性癖なんか、お前に関係ないやろっ!
 手相と関係あるんかっ!?」と言いかけたけど、
そこはグッと我慢の子。

結局ワタシは
  ・アンタは頑固や
  ・言い出したら聞かへん子や
  ・生真面目すぎるんや
と、言われ放題。


もー、うるさいわい。


だんだん腹が立ってきて、
「感情の波が同じなら、ワタシが落ち込んでいるときは相手が
 慰めるように努力し、逆にワタシの落ち込み様が軽ければ
 相手を慰めるようにお互いが“努力”すれば苦労しないって
 ことでしょ?」
とワタシが言ったら、
「それが、アンタにできるんか? それがストレスにならへん
 のか?」
とそいつも言い返してくるし。
ニセ占い師と会話する方がよっぽどストレス溜まるわ。


最後には、「アンタの話で盛り上がって、お酒が何杯も飲めたわ~」
と言って帰っていった。
もう、この一言で“カッチィ~ン”よ。

  アンタの手相占いなんて、ただの統計学的なもんやろ。
  アンタにワタシの未来がわかってたまるか~。
  ふざけんな、二度と来るな、ボケッ。

と、丁重にお見送りしました。

----------
今日、職場でハワイのお土産でいただいた
フォーチューンクッキーの中に

    “Think good thoughts!”

という紙が入っていた。

その一言がものすごく嬉しかった。

January 09, 2005

今年の運勢→吉

~久しい間の苦しみも時が来ておのづから去り
 何事も春の花の咲くように次第次第に栄えて
 ゆく運です。安心して事にあたりなさい~


◇願望 人の助けで調う 争わぬようにせよ
◇待人 来る喜びあり
◇失物 出る 物の間にあり
◇旅行 良い 出会いあり
◇商売 あせらず時を待て
◇学問 努力すればよろし
◇相場 売れ 利あり
◇争事 負けておく方が利あり
◇恋愛 良い人幸せあり
◇転居 よろし早くせよ
◇出産 安し安心せよ
◇病気 医師と神を信じましょう
◇縁談 互いに疑いがとけてよき縁結びがととのう


-----
・・・という2005年の神のお告げです。

« December 2004 | Main | February 2005 »

August 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

いこぴこの本棚